~チーフー・インターナショナル・クリスチャン・スクールのめざすもの~

 神様から託された子どもをどのように育てるかは、すべてのクリスチャン・ホームに共通する大きな課題です。これまでは将来の土台を形成する小学校、中学校の大切な時期を公教育に委ねてきました。

 しかし、今日、日本の教育事情は大きく変化しています。「ゆとり教育」が叫ばれて久しくなりました。子どもたちに余裕があたえられることで教育環境が改 善されて、個性が重んじられ、創造性が養われ、ひいては情操面も豊かにされることが期待されました。しかし、今度は学力の低下が問題になり、塾などに依存 する傾向が一層強まる結果となっています。

 しかも、偏差値重視の価値観は全然変わっていないのです。そこには、親にも子どもにも余裕は見られず、むしろ焦りさえ感じているように思われます。一体、「ゆとり教育」はどこに行ったのでしょうか。

 「教育の価値をどこに置くのか。」この根本的な問いに対して、親も学校も社会も明確な理念を持てないところに混乱があり、荒廃があります。そのような環 境の中に、安心して子どもの教育を託すことはできないと思うのです。こうした教育の現状を憂い、危機感を抱き、祈り求めた中で、示され導かれたのがこの チャーチ・スクールです。チャーチ・スクールとは、教育の土台に聖書を据え、子どもたちの成長に必要な各教科を学び、生活を共にする学び舎です。すべての 子どもには、それぞれ独自の賜物が神より与えられています。日々、生徒たちが聖書のことばに養われ、個性を伸ばし、世界に目を向けつつ、将来に向かって備 えをする、そのような理念を掲げているのがこの学校です。

2003年4月、地元の諸教会だけでなく、全国にある教会やクリスチャンのお祈りとご支援の中で、チーフー・インターナショナル・クリスチャン・スクール (Chefoo International Christian School,CICS)が誕生しました。子どもたちが神に愛されている事を知り、自 分らしさを取り戻し、喜んで学ぶ姿ほど感動を覚えることはありません。施設等の面で足りないところはまだありますが、主ご自身に期待してこの学校に大切な 子どもを託してくださるご家庭が更に起こされることを祈っております。

 また、アメリカのオレゴン州に本部のある国際チャーチ・スクール連盟ACSI(Association of Christian Schools International)へ加盟していますので、海外での留学の道も開かれています。また、「高等学校卒業程度認定試験(高認)」に対応したカリキュラムを用意し、国公私立大学や各種専門学校等の進学、公務員や一般企業への就職も可能です。

 この学校に携わる教師たちも皆、神の知恵と導きとを祈り求めつつ、一歩一歩、子どもたちと共に歩み、進んでいきたいと願っています。




What's New

<ニュース>

What's New!

 

<blog>

C.IC.S活動記

チーフーキリスト教学園

〒041-1111
北海道亀田郡七飯町
本町6丁目7-31
℡&FAX 0138-64-4177
chefoo77@ms5.ncv.ne.jp